FXの魅力の一つであるデイトレード

FXの魅力の一つであるデイトレード

FXではほぼ24時間オンラインで取引できるためにデイトレードを行う者が増えてきました。
一日で利益を確定させるために持ち越さず、取ったポジションはその日のうちにポジション解消します。
このような手法で取引する者をデイトレーダーと呼んでいます。
デイトレードで利益を上げる方法は為替差益を得ることです。
為替相場はリアルタイムで変動しており、デイトレーダーはチャートを見ながらポジションを取るタイミングを掴んでいます。
為替レートが上がると見込んだらロングポジション、下がると見込んだらショートポジションを取ります。
為替相場が上昇局面でも下落局面でも両方為替差益が狙えるのが良い所です。
現物株では相場が下落局面では収益が狙えないです。
デイトレーダーによって違いますが移動平均線やボリンジャーバンドなどのトレンド系テクニカル指標や、RSIやMACDやストキャスティクスなどのオシレーター系テクニカル指標を使ってテクニカル分析を行っていることが多いです。
1日でポジションを解消するために予め利益確定と損切りのルールを決めておきます。
損切りできずにズルズルと保有したままだと効率が悪いからです。
デイトレーダーの中にはスキャルピングという少ないpipsを狙う手法を使う者もいます。
短時間の間に何度も取引を繰り返し、少ないpipsでも利益を大きく育てていく手法を使います。
一度の取引にかかるリスクが少ないのが良い所ですが、相場の動きが少ないとスプレッド分がかさんでしまい取引コストばかりかかってしまうことがあります。