FXのスワップポイントとは

FXのスワップポイントとは

FXではスワップポイントという仕組みがあります。
FXで取引できる通貨ペアは2つの国の違う通貨の組み合わせです。
それぞれの国で金利が違いますがスワップポイントではその金利差分を受け取れます。
金利差があればあるほど受け取れるスワップポイントが多くなります。
外貨預金とよく似ていますが、外貨預金では満期まで保有していないと最初の金利が適用されないです。
しかしスワップポイントなら保有している間、毎日付与されます。
中長期投資として魅力ですが、いつポジションを解消しても自由です。
日本では外国に比べると低金利なので、金利差が広がりやすくスワップポイントを受け取りしやすいです。
高金利通貨ペアとして人気が高いのが豪ドル円やニュージーランドドル円です。
外貨預金はペイオフの対象外ですが、国内のFX業者では信託保全が義務化されているので万が一のことがあっても安心です。
スワップポイントは金利情勢に応じて見直されます。
金利差が広がっていくと受け取りできるスワップポイントが多くなりますが、金利差が縮まっていくと受け取りできるスワップポイントが少なくなります。
それ程急に金利情勢が変わることはありませんが、金利差が逆転するとスワップポイントの支払いが発生するので金利情勢については日々敏感になっておくことが大切です。
さらにポジションを取ってから円高に進んでしまうと為替差損が発生してしまいます。
逆に円安に進むと為替差益を得ることが可能です。
円高が止まりそうなときにポジションを取るのが一番ですが中々タイミングが難しいです。