FXと確定申告

FXと確定申告

FX取引で得た利益よって税金の金額は違ってきますが、FX取引した場合には、確定申告をして、
税金を納税する義務になっています。
1年間の所得の合計金額が20万円に満たない場合には、税金はかかりません。
しかし、所得の合計金額が20万円以上になった場合には、税金を納税しなければいけません。
確定申告は、毎年自分でFX取引で得た利益からどれくらい税金を納めるか計算をし確定申告書を作成
し税務署に申告します。又、FX取引で損失が出た場合も損失分を確定申告書に記載して税務署に申告
します。
確定申告の対象の期間は、1月1日から12月31日までの1年間です。
確定申告書を提出する期間は決められているので、その間に必ず納税する必要があります。
FX取引や株取引などを行った場合は、損失があっても利益が出ても必ず確定申告をしなくてはなりません。
(損失の場合、翌年以降3年間にわたり繰越控除ができます)
所得合計金額が20万円未満の場合は、税金を支払わなくても良いことになっていますが、関係した書類
は5年間は、保管しなくてはいけないので、取扱に注意しましょう。

 

税務署は、FX取引業者から、利用者の取引内容の明細を取り寄せて管理していますので、利用者の1年間
に得た利益はわかるようになっています。従って、利用者が税金を支払うのが嫌で確定申告をしないで脱税
した場合には、税務署は納税していないことがわかるので後日に再調査されることもあるので必ず納税する
ようにしましょう。