それほど大きな損失にならない売買タイミングを見極める

それほど大きな損失にならない売買タイミングを見極める

FXという商品は、損失が発生する可能性はあります。決してゼロではありませんね。
ところでその損失の可能性も、大きく分ければ2種類になります。損失が発生した事による被害が大きくなり得るパターンと、それほど大きな損失にならないパターンです。
例えばある時の外貨の値動きを見てみた結果、損失が発生した時の被害は20万円位だったとします。20万というのは、かなり大きめな金額ですね。つまり一歩間違うと、大きな損失が発生してしまうパターンです。
それに対して損失見込み額が、比較的小さい状況もあるのです。仮に損失が発生しても、せいぜい数千円程度という状況もたまに見られます。つまりそれほど大きな被害が発生しないと見込まれるパターンですね。
上記のような2つのパターンを考えますと、明らかに後者の方が売買をしやすいです。間違ってもせいぜい数千円程度なのであれば、大きな勝負に出る事もできるでしょう。逆に20数万円などでの損失が発生するとなると、ちょっとあまり大きな売買をしづらい一面がありますね。20万円の損失で済めば良いですが、売買をする金額次第ではもっと大きな損失になってしまうかもしれません。ちょっとそれは避けたいですね。
ですのでチャートを見る時には、後者のようなタイミングを見極めるのが大切だと思います。その為の分析方法は色々なのですが、少なくとも「どこで売買をするのが無難か」という着眼点を持つだけでも、FXでのリスクはだいぶ小さくなってくるでしょう。