信託商品よりも利益率は高めなFX

信託商品よりも利益率は高めなFX

世間には、お金を動かす為の商品が色々あります。その中には、誰かに売買を代行してもらう商品もあるのです。
例えば銀行などでは、投資信託をアピールしている事がよくあるでしょう。あの商品の中には、外貨を用いるタイプもあるのですね。つまり外貨による利益獲得を専門家の方にお任せするタイプになります。
それに対してFXという商品の場合、全ての売買は自力になります。誰かにお任せをするタイプではないのですね。もっともシステムトレードは例外なのですが。
FXという金融商品を始める方は、必ずしも経験者とは限りません。中には、全く初めての方もいらっしゃるでしょう。そのような方の場合は、専門家に任せる方が頼もしいと思われるかもしれませんね。
しかし上記の信託商品には、1つデメリットがあります。自力での売買に比べると、利益率が低くなる事もあるからです。
例えばある信託商品の場合は、1年間あたりの利益率は5%前後ですとアピールされています。その数字は、FXに比べるとやや低めですね。なぜならその自力での方法の場合は、状況によっては資金が数十%以上動く事もあるからです。場合によっては、数倍や数十倍以上になる事もあります。
ですので信託商品に比べれば、利益見込み額は大きい訳ですね。ただしリスクも大きめな商品になりますので、損失見込み額も大きくなります。
ハイリスクハイリターンの金融商品を求めるのであれば、信託商品よりはFXの方が良いでしょう。