バイナリーオプションで自己実現

ラダー式バイナリーオプションの購入実践記

近頃、新たな金融商品としてバイナリーオプションが人気を集めています。バイナリーオプションにも様々な形式の商品が存在しますが、私がやっているのはラダー式と言うものです。ある値幅(例えば、120~121円)を一定の間隔で区切り、判定時刻にどのエリア内に現在値が存在するかを予想するものです。

 

当初、最も一般的なハイロー式のものに比べると若干分かりにくい印象を受けました。自分が今どのような設定でオプションを買ったのかが見えにくい面があったのです。開始からしばらくは最低額で練習して、予定通りのオプション購入ができるようになってから本格的に始めました。回数をこなすうち、ラダー式の特徴が見えてきたので、ここに述べておきます。まず、ラダー式では乱暴に言ってしまうとハイローの基準線が複数存在しているため、購入のやり方次第では一度に大きな収益を出せる可能性があるということです。

 

もう少し言うと、通常のハイローでは基準線が一本だけですが、これが複数あって、それぞれの重複を認められるため判定値によっては一度に複数の購入オプションが当たりとなるのです。次に、オプションの購入次第では擬似的なレンジ取引が可能になると言うことです。簡単に言ってしまえば、「一番下の基準線以上と一番上の基準線以下」の2つのオプションを同時購入することで2つのオプションの差額が収益として得られる訳です。

 

これらのことが分かってきた後は、ほとんどこの擬似レンジを作るやり方でオプションを購入していました。この方式だと、最悪でも全購入額の半分程度までしか失わないため、リスクの軽減にもなると考えたのです。実際に、為替の値動きが小さい時にはよく的中し、収益を少しづつ重ねることができました。ところが、指標の発表時など極端なボラティリティが発生するような時には開始前から、「これはこの値幅では収まらないな」と分かってしまい、購入を諦めることもありました。結局、万能の購入法ではありませんでしたが、比較的ローリスクのやり方だったと思われます。ちなみに今から始めるのであれば、バイナリーオプション 日本で口座を開設した方が何かとメリットがあるでしょう。

 

 

【初めての投資】バイナリーオプション初めてみました

 

元々、株や投資などには興味があったのですが、中々手を出す機会がなく過ごしていました。しかし、知人がFXを始めたことをきっかけに私もバイナリーオプションを開始することにしました。

 

バイナリーオプションを開始するために口座を開設し、いくつの手続きを経たのちに取引が始まりました。最初は委縮していたこともあり、3,000円ほどを入金しました。正直、3,000円でどうこうなると思っていたわけではないのですが、とりあえず感覚をつかみたいという感じで捨てても良いという思いでした。

 

しかし、いざ始めてみるとタイミングが良かったのか予想が次々と的中し、その日のうちに3,000円から18,000円まで増やすことが出来ました。勝因がなんだったのかということを明確に分析することは出来ません(勘で買っているので)が、とにかく6倍ほどに資金が増えたことに非常に満足しました。

 

翌日、調子に乗った私は取引開始時間から意気揚々と取引を開始しました。その結果、夕方には資金をすべて吐き出してしまうことになりました。残念ながら、初めての入金分はほぼ一日で無くなってしまったということになります。

 

しかし、そこから情報収集などをしっかりと行い、何を基準とするべきなのか・何を考えるべきなのかといった事を少しずつ学んでいくと、だんだんとバイナリーオプションで負けないようになっていきました。もちろん、たくさんお金を使いましたが今ではトータルとしてもプラス域になっていますので、授業料的な投資として考えれば安いものだったと思います。

 

確かに、最初のうちは負けてしまうことも多いと思いますが、しっかりと努力をすれば最終的に勝つことは出来ると思います。大幅なリスクがないのがバイナリーオプションの特徴と言えますが、ほかの投資の入門編と言う訳ではなく、それだけでしっかりと収益を上げることが出来る非常に効果的な投資方法だと思います。これからも私はバイナリーオプションでしっかりと稼いでいこうと思っています。

 

 

バイナリーオプションの長所を教えます

 

バイナリーは二進法の意味であって、わかりやすい例えをするならば二者択一を指します。円高や円安など株価の金額の上下を予想して利益を生むような方針をとるものであることから、金融関連の初心者であっても実際は利益を残すことが可能です。しかし中長期的な目線で見れば、危険と言える部分もあるので、最低限の知識を勉強してからバイナリーオプションに参加することが賢明な方針になっていくわけです。また個々の投資にふさわしいものがどういうものであるのかをしっかり知り、損害をしないような取引をすることが最も重大な要素なのです。
具体的に取引の内容を見ておきますが、チケットを購入する「開始」の時期と「終了」の時期や決断をするまでの「判定の時間」などバイナリーオプションならではのルールも敢行されており、ルールを守って健全な取引をしていくのが大事です。値動きの幅が損益の大きさに直結していくため、予想が外れたときのリスクの回避法を自らで前もって準備してみるのが大切な内容となっていきます。チケットと呼ばれるものの金額の変動がバイナリーオプションの基本的な投資スタイルになるので、その微妙な変化を見逃さないようにしていく行動が重要となるわけです。
それから株価の変動が小さくてある一定以上の稼ぎが見込めないという時期にも、バイナリーオプションのノウハウは使えるようになっています。少しの変動で損益を回収できるようなシステムにもなっていることから、デイトレードを愛用している人たちにも好まれているのです。初心者の方でも分かるようやさしく解説されたホームページも用意されているため、明日からでもバイナリーオプションへ参加することも十分に可能です。それと同時にお金に関わる内容を含むことから、生活資金とのバランスをしっかりと考慮して、長所を見据えて健全なやりとりを行うのが大人の方法なのです。バイナリーオプションは、今注目を浴びている存在です。

 

 

初心者でも簡単に投資に挑戦できるバイナリーオプションのやり方とは

 

世の中、景気の先行きははっきりとは見えない状況が続いています。その上、日本では若者の給料はなかなか上がらず、超高齢化社会のために老後の生活を支える貯蓄も重要になってきています。そんな中で自分なりの才覚でお金儲けのための努力を続けることは大切です。

 

とはいっても株やFXといった投資方法はそのやり方がいまいちよく分からず、かなり専門的な知識を保持しておかなければ成功を勝ち取るのは難しいもの。その点、バイナリーオプションを活用すると誰でも簡単な知識で手軽な投資を行うことが出来ます。

 

バイナリーオプションとは簡単に言えば、その時その時の相場がこれから上がるか下がるかの予測を行い、これが当たれば掛け金に見合うだけの配当が得られるという金融投資サービスのことです。つまり単純計算で「1ドル100円」という為替レートだったものが「1ドル110円」に変わったとすると、これはドルの価値が上がり、円の価値が下がったことを表します。つまりこの場合は円安となったわけで、事前に「円安」と予想していた人は掛け金の分だけ利益を得ることができます。

 

また、バイナリーオプションは最低金額50円というレベルから掛け金設定することができて、たとえ予測が外れたとしても掛け金よりも大きな金額の損失が生じることはありません。つまり、自分の予測不能な失敗によって一夜にして全財産を失うなどといった事態はよっぽど危ない橋を渡らない限り起こりえないのです。

 

具体的に見ていくと、バイナリーオプションはハイ・アンド・ローという手法では主に5分、10分という間隔においてその上り下がりを予想していきます。もっと早いリズムで投資予測を展開していきたい人には1分間のうちに勝敗が決まる短期取り引きが魅力的なワンミニッツという手法もあります。

 

さらに定められた制限時間内に一度でも達し得る値を定めてその結果を予測するワンタッチ型があれば、制限時間内にどれだけの範囲内に収まるかを予測するレンジ型という投資方法もあります。いずれも簡単に着手できますので、まずはハイ・アンド・ローから始めてみると良いでしょう。

 

 

バイナリーオプションは結局は期限がポイント

 

バイナリーオプションの最大の特徴はやはりどのような銘柄や取引の種類を選んでも期限が必ず決まっていることです。その期限がやって来た時に予想が当たっているかどうか、これが全てです。これが基本となり、様々な戦略から投資をすることが出来ます。バイナリーオプションの取引は期限がやってくるまで損益が確定することはありませんが、自分で約定することは出来ます。かなり分かりやすく説明すると、バイナリーオプションはチケットの売買をするわけであり、価値が安い時にチケットを買って価値が上がるとその差額は期限がやってこなくても利益となるので、その時点で約定すると利益を手に入れることが出来ます。期限は業者によって、銘柄によって様々な期限があります。海外業者だと1分程度で期限がやってくる取引がありますし、大抵は2時間単位だったり、1日単位だったりと、本当にいろんな期限があります。利益を追求する場合、回転率を考えるならさっさと期限がやってきて次の勝負をするほうが効率が良いと感じるものです。しかし、結局のところは期限がやって来た時に予想が外れていると損失となるので、基本的には期限がまだまだ先の銘柄を選んで取引をするほうが期限までの間に自分が購入したチケットの価値が上がり利益を得ることが出来る可能性があるので有利だと言えます。特に為替のバイナリーオプションの場合だと、短時間でも値幅が大きく動くことがあるので、今は利益が出ていてもそれが期限まで継続するかどうかは本当にわからないものです。逆に自分がエントリーするタイミングが悪く損失が出ている状況でも、期限まで時間に余裕があるなら相場が真逆に動いて利益に変わることも良くあります。バイナリーオプションで勝利を求めるのであれば、どのようなタイミングでどのくらいの期限ならば勝ちやすいのかを自分なりに判断することが必要です。普通の投資と大きく異なるのは期限であることを知っておきましょう。

 

 

バイナリーオプションを始めるために

 

株式トレードやFXトレードと同じように、バイナリーオプションをスタートするためには、やはり一定の手続きが必要になります。そして実際、株取引やFXをスタートするときと、踏まえるべき手続きは似通っています。ですから、これまでに株やFXを経験したことがあるというトレーダーの方なら、バイナリーオプションも問題なくスタートすることができるはずです。
ただ、これまでに一度も投資をしたことがないビギナーさんからすると、やはり少々戸惑いを感じるはずですから、バイナリーオプションを始めるにあたっての手続きについて簡単に触れておくことにします。
はじめにしなければならないのが「口座開設」です。バイナリーオプションの取引を行うためには、他の投資と同じように「お金」が必要になります。当たり前のことですが、これは基本中の基本です。そして、バイナリーオプションに投資するためのお金を入れておくのが、取引に先駆けて開設した口座ということになります。また、取引で利益が発生した場合の受け取りも、同じ口座で行うことがほとんどです。
では、どうしたら口座を開設できるのかというと、たいていの場合、バイナリーオプションの取引を代行してくれる仲介業者に申し込むことで開設できます。その業者の会員になる、あるいは取引の申し込みをし、業者との契約を結んで手続きが完了すると同時に、専用の口座が開設されるというシステムを採用している業者が多いです。もちろん、その口座に投資するためのお金を振り込む必要があります。
また、特に海外のバイナリーオプション業者に見られるキャンペーンで、口座を開設すると、キャッシュバックしてもらえるという業者もありますので、そういったキャンペーンを利用して、お得にバイナリーオプションをスタートするというのも悪くないでしょう。ただしその場合、口座に振り込まれるタイミングは業者によって異なりますので、すぐに取引を開始したいときには、はじめは自分で入金する必要がある場合もあります。

FX取引で得た利益よって税金の金額は違ってきますが、FX取引した場合には、確定申告をして、
税金を納税する義務になっています。
1年間の所得の合計金額が20万円に満たない場合には、税金はかかりません。
しかし、所得の合計金額が20万円以上になった場合には、税金を納税しなければいけません。
確定申告は、毎年自分でFX取引で得た利益からどれくらい税金を納めるか計算をし確定申告書を作成
し税務署に申告します。又、FX取引で損失が出た場合も損失分を確定申告書に記載して税務署に申告
します。
確定申告の対象の期間は、1月1日から12月31日までの1年間です。
確定申告書を提出する期間は決められているので、その間に必ず納税する必要があります。
FX取引や株取引などを行った場合は、損失があっても利益が出ても必ず確定申告をしなくてはなりません。
(損失の場合、翌年以降3年間にわたり繰越控除ができます)
所得合計金額が20万円未満の場合は、税金を支払わなくても良いことになっていますが、関係した書類
は5年間は、保管しなくてはいけないので、取扱に注意しましょう。

 

税務署は、FX取引業者から、利用者の取引内容の明細を取り寄せて管理していますので、利用者の1年間
に得た利益はわかるようになっています。従って、利用者が税金を支払うのが嫌で確定申告をしないで脱税
した場合には、税務署は納税していないことがわかるので後日に再調査されることもあるので必ず納税する
ようにしましょう。

続きを読む≫ 2015/06/02 16:49:02

私は元々株取引をしていたのですが、中々上手く行かなかったので、FX取引に鞍替えをしました。
株取引とFX取引は色々と共通点があるとはいえ、株取引で上手く行かなかったので、FX取引が上手く行くか心配でした。
ですが数多くのFX取引の成功例を聞いている内に、自分もやりたくなって来てしまったのです。
株取引は銘柄によっては値動きが激しく、一日の内で大きく儲ける日もあれば、大損をしてしまう事もありました。
ですから収益が安定していなかったのです。
しかしFX取引は為替を相手に取引をしていますから、値動きが穏やかなので、安定して収益が挙げられると思ったのです。
最初の内はチマチマと取引をしていたので、それなりの収益を上げることができていました。
ですがチマチマした取引に嫌気がさして来てしまい、私は大きなレバレッジを掛けるようになってしまったのです。
そのおかげで収益は、以前よりも何倍にもする事が出来るようになりました。
所がレバレッジを大きくしたことはプラスにばかり働いたのではなく、マイナスにも働いてしまったのです。
株取引の時と同じように、収益が安定しなくなってしまったのです。
大きく儲けた日の次の日に大きく負けてしまう事があり、結局プラスマイナスゼロになってしまうようになってしまいました。
そこで私は元のようにレバレッジを大きく掛けず、チマチマと取引をするスタイルに戻したのです。
私にはこの取引スタイルが向いているようなので、レバレッジを大きく掛ける取引は控えるようにしました。

続きを読む≫ 2015/06/02 16:49:02

FXという商品は、損失が発生する可能性はあります。決してゼロではありませんね。
ところでその損失の可能性も、大きく分ければ2種類になります。損失が発生した事による被害が大きくなり得るパターンと、それほど大きな損失にならないパターンです。
例えばある時の外貨の値動きを見てみた結果、損失が発生した時の被害は20万円位だったとします。20万というのは、かなり大きめな金額ですね。つまり一歩間違うと、大きな損失が発生してしまうパターンです。
それに対して損失見込み額が、比較的小さい状況もあるのです。仮に損失が発生しても、せいぜい数千円程度という状況もたまに見られます。つまりそれほど大きな被害が発生しないと見込まれるパターンですね。
上記のような2つのパターンを考えますと、明らかに後者の方が売買をしやすいです。間違ってもせいぜい数千円程度なのであれば、大きな勝負に出る事もできるでしょう。逆に20数万円などでの損失が発生するとなると、ちょっとあまり大きな売買をしづらい一面がありますね。20万円の損失で済めば良いですが、売買をする金額次第ではもっと大きな損失になってしまうかもしれません。ちょっとそれは避けたいですね。
ですのでチャートを見る時には、後者のようなタイミングを見極めるのが大切だと思います。その為の分析方法は色々なのですが、少なくとも「どこで売買をするのが無難か」という着眼点を持つだけでも、FXでのリスクはだいぶ小さくなってくるでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/02 16:48:02

FXは、外国の通貨の差額によって取引を行う投資方法です。
株取引や先物取引など様々な投資方法がありますが、FXを行う人は増加傾向にあります。
FXを行う時には、証券会社やFX会社に専用の口座を作る必要があり、証拠金として専用口座に一定のお金を入れておきます。
FXが他の取引と違うところは、レバレッジと呼ばれる証券会社やFX会社から資本を借りて、自己資本を高めて取引が出来る事です。
この方法の最大のメリットは、本来の自己資金が少なくても大きな額の取引が出来る事であり、取引が成功すれば、大きな利益を得られる反面、取引が失敗すれば、損も大きくなりますので、使うタイミングを考えておく必要があります。
証券会社やFX会社では、FX取引において大切な通貨間の現在の相場などを常時確認出来るツールを会員に提供していますので、会員はこのツールを使って相場の確認を行っていく事が可能になります。
ツールの中には、自動取引が出来るシステムがありますので、このようなツールを使う事で独自のアルゴリズムをアドオンとして用意し、そのアルゴリズムに応じて自動で取引を行えます。
ネットでは、アドオンを提供しているサイトがありますので、強力なアルゴリズムを自分で組まなくてもアドオンをインストールする事で使えるようになる事も多々あります。
FXでは、一カ国の通貨だけでなく、複数の通貨の動向を分析していく必要があります。
証券会社やFX会社が提供するツールは、複数の通貨の動向を分析・予測するのに便利なツールです。

続きを読む≫ 2015/06/02 16:48:02

以前にあるFXのトレーダーが、なかなか興味深い事をおしゃっていました。利益が発生している時よりも、損失が発生している時を考える方が大事という話です。
そもそもその金融商品には、リスクはあるのですね。損失が発生する可能性がゼロではありませんので、注意が必要です。
そして多くの方は、それを漠然と分かっています。分かっているのですが、様々な状況想定をする時に、利益の方に目が行きがちなのです。そしてそれがきっかけで、大きな損失が発生する事があります。
例えばある時の外貨の金額が、72円になっているとします。それで今後上昇すると想定したとしましょう。
多くの方々は、その上昇方向の想定に目が行きがちなのですね。下落した時の事を、あまり深く想定していない傾向があります。
では例えば、72円で買ったとします。それで73円などになれば良いですが、もちろん外貨というものは自分の想定通りになるとは限りません。時には70円や60円台になる事もあるでしょう。
そして60円台になってしまいますと、多くの方は困惑してしまうのです。想定外の値動きが発生しているので、パニック状態に陥ってしまいます。それで冷静な判断ができなくなってしまい、大きな損失が発生している事例も多い訳です。
逆に言えば、60円台になった事を想定できているかどうかが1つのポイントなのですね。それを想定していなければパニックになってしまいますが、想定していれば冷静な気持ちで売買ができるでしょう。
自分の想定していた方向と逆に行った時をよく考えておくのは、やはり大切だと思います。

続きを読む≫ 2015/06/02 16:48:02

世間には、お金を動かす為の商品が色々あります。その中には、誰かに売買を代行してもらう商品もあるのです。
例えば銀行などでは、投資信託をアピールしている事がよくあるでしょう。あの商品の中には、外貨を用いるタイプもあるのですね。つまり外貨による利益獲得を専門家の方にお任せするタイプになります。
それに対してFXという商品の場合、全ての売買は自力になります。誰かにお任せをするタイプではないのですね。もっともシステムトレードは例外なのですが。
FXという金融商品を始める方は、必ずしも経験者とは限りません。中には、全く初めての方もいらっしゃるでしょう。そのような方の場合は、専門家に任せる方が頼もしいと思われるかもしれませんね。
しかし上記の信託商品には、1つデメリットがあります。自力での売買に比べると、利益率が低くなる事もあるからです。
例えばある信託商品の場合は、1年間あたりの利益率は5%前後ですとアピールされています。その数字は、FXに比べるとやや低めですね。なぜならその自力での方法の場合は、状況によっては資金が数十%以上動く事もあるからです。場合によっては、数倍や数十倍以上になる事もあります。
ですので信託商品に比べれば、利益見込み額は大きい訳ですね。ただしリスクも大きめな商品になりますので、損失見込み額も大きくなります。
ハイリスクハイリターンの金融商品を求めるのであれば、信託商品よりはFXの方が良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/02 16:47:02

FXの業者は、よく選ぶ方が良い一面があります。とりわけ保全というシステムは、とても大切です。
そもそも金融会社というのは、たまに破綻する事があるのです。その理由も色々で、最近の事例で申し上げればスイスのショックです。
数ヶ月ほど前に、スイスフランで非常に大きな値動きが発生しました。その動きの幅は相当なもので、わずか数秒でフランの金額が大きくアップしていたです。
その急激な大変動に伴い、大きな損失が発生した方々も多数いらっしゃいました。その大変動の大きさを物語っているのは、ある金融会社の破綻です。スイスフランに伴う値動きに伴って、多くの方々に含み損が発生する事になったのですが、それでその金融会社の資金体力ではどうにもならなくなってしまったのですね。
すなわち金融会社の破綻は、有り得るわけです。可能性はゼロではないのですね。まずその事実を知っておく事が大切です。
ですので金融会社の保全のシステムが完備されているかどうかは、やはり大切でしょう。万が一会社に預けたお金がほぼ全てゼロになってしまえば、大変な事になってしまうからです。
ちなみに現在の日本国内の金融会社では、その保全システムは義務づけられています。ところが海外の会社の場合は、必ずしもそれが義務付けられているとは限らないので、思わぬ損失が発生してしまう可能性もゼロではありません。ですので海外の業者で売買を行う事ヲ考えているならば、業者の保全システムはよく確認しておく方が良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/02 16:47:02

FXという金融商品では、利益を追求する事になります。そして追求時には、自分の予想に反してどんどん利益が伸びていく事もあるのです。
例えば次のようなイメージを考えてみましょう。ある時の外貨の金額が、32円だったとします。そして今後はその外貨の金額が上がると予想したので、買いの注文を行う事になったとしましょう。
ところでその際の目標金額を、33円に設定したとします。つまり32円から33円まで上がるだろうというイメージですね。
そして実際に売買を行ってみた結果、33まで上がる事はあるのですね。それは決して珍しい事ではありません。そして、めでたい事でもあります。
ところが実際の外貨の動きは、33でストップしない事もあるのです。33くらいで終わりだと思っていたものの、実際には34や35などと上昇が加速するケースも多々あります。私は今までに、そのような経験を何度もしました。
そのような事が起きると、ちょっと悔しい想いをする事もあるでしょう。1円分の利益になるよりは、もちろん2円分の利益の方が嬉しいものだからです。FXでの売買を何回か行っている方ならば、上記のような経験をした方も多いのではないでしょうか。
ですので目標金額に執着しないのも、FXでは大切ですね。上記のような動きになった時には、33円に到達した時にまだ利益を確定しない方が良いでしょう。一旦はトレーリングストップなどを用いて逆指値での注文をしておき、さらに利益を追求する方が売買成績も良くなると考えられます。

続きを読む≫ 2015/06/02 16:47:02

未だリーマンショックも始まる前のことです。当時はレバレッジ規制もなく、100倍だ、200倍だとレバレッジが自由にかけられる時代でした。
そんな中で、短期間であれば20pips程度であれば必ず帰ってくるというわけのわからない自信の元、ナンピンを使った投資法をつかって
FXでそれなりにもうけを出していました。
この投資法は、トレンドに沿った投資法で、基本的には日足と時間足をもとにトレンドに乗っていく方法です。
ぎりぎりのところまで来たらナンピンを繰り返し、基本的には勝率90%を目指す無謀な投資方法でした。

 

実際にその年の前半は強烈に利益が出ていて10万で始めた原資金額が、気が付けば100万を超えていました。
少し浮かれていたのかもしれません。

 

破たんする日は突然訪れました。いつも通り、トレンドに乗りながらポジションを増やし続けていました。
この時は普通にドル円で、ポジションを取っていて、急激にトレンド変化が起きないと思い込んでいたのが
運のつきだったのかもしれません。
初めに10枚ほどポジションをとりましたが、取った瞬間からなぜか逆に行きはじめました。
ちょうどロンドンタイムに入ったころです。少し焦りましたが、落ち着いて、20pipsほど離れたところで
次のナンピンを入れました。いつものセオリーならここから一度くらいは10pipsほど戻すだろうとおもっていたので
そのタイミングで逃げればいいかなと甘い考えを持っていました。

 

ところが、その日は予想を裏切り、一直線に下がり続け、あっという間にマイナス100pipsを超えてきました。
すでにマイナス20万という含み損でしたが、気にせずさらにナンピンを入れていきました。
いつか戻るだろうという根拠のない自身のもとに・・・。

 

結果、翌日にはマージンコールが働き、あえなく強制退場となってしまいました。

 

いかがでしたでしょうか?FXというのは、現在でも25倍というレバレッジがきくため、ついつい被害が大きくなります。
更に下がり始め(上がり始め)ると止まらないという特性を持つ魔物のようなものです。根拠のないトレードルールは
身を滅ぼすといういい例だったのかなと思います。

続きを読む≫ 2015/06/02 16:47:02

FXという商品で売買をする為には、必ず口座を作る必要があります。
そしてその商品の場合は、原則としてインターネットだけで口座を作る手続きが完結するのです。実店舗などに足を運ぶ必要はありませんね。
銀行などの場合は、そうではありません。銀行の実店舗に足を運んで、口座を作った方々も多数いらっしゃるでしょう。行員の方に口座を作る理由を質問された方も、多数いらっしゃると思います。しかしFXの場合は、実店舗ではなく原則としてネット完結型になる訳です。ある意味、それはその投資商品の特徴の1つですね。
ところが、一部例外もあるのです。ある証券会社なのですが、実は実店舗で申し込みをする事はできます。
その証券会社は、とても有名です。全国の色々な所に店舗を構えている会社なので、1度や2度はその会社の名前を聞いた事がある方も多いと思います。
そしてその証券会社の実店舗には、インターネットに接続されているパソコンが完備されているのですね。そこで所定の手続きを行うと、もうその日の内に口座を作って事ができる上に、即日で売買をする事ができる訳です。数ある金融会社の中でも、かなり珍しいシステムを採用していると言えるでしょう。ちなみにその証券会社によるFXのシステムなどは、極めて標準的です。
FXという投資商品に興味を持っていても、パソコンが自宅に無い方もいらっしゃるでしょう。しかし中には上記のような証券会社も見られますので、試しにそこで申し込みをしてみるのも良いと思いますね。

続きを読む≫ 2015/06/01 13:57:01